ウィスキー買取ナビ.net|顧客満足度が高い業者2016年版! TOP雑学 >ウィスキーの雑学

ウィスキー 雑学

そもそもウィスキーの定義とは?

お酒全般の雑学になりますが、そもそもお酒には鋳造酒と蒸留酒があり、ウィスキーは蒸留酒の1つです。蒸留酒は発酵させたお酒をさらに蒸留するため、アルコール度数が高いという特徴があります。ウィスキーは麦芽などの穀物原料を木樽で熟成させて作ります。プチ雑学ですが、最近はこの熟成用の木樽で作った家具に人気が集まりプレミア化するなど、ますますブランド価値が高まっています。
さらにウィスキーは世界の主要エリア別に大きく5つに分けられており、それぞれ、スコッチ、アメリカン、アイリッシュ、ジャパニーズ、カナディアンと呼ばれています。ウィスキーの呼び名はエリアによって異なる、という雑学を知っていると、銘柄を選ぶ際に楽しさが増します。

好みに合わせて変えられる飲み方の雑学

次はウィスキーの飲み方の雑学です。
まず女性に人気のハイボールですが、これはウィスキーをソーダで割ったカクテルです。氷をたっぷり入れ(氷を入れないならソーダやグラスをキンキンに冷やし)そしてウィスキー1に対してソーダ3〜4の割合で注いで下さい。作り方の雑学ですが、この時ソーダが氷に触れないように静かに注ぐことと、マドラーでかき回すのは軽く1回で十分、という点がポイントです。これで格段に美味しいハイボールが作れます。
他にもストレート・オンザロック・トワイスアップ・水割・ミストなど様々な飲み方がありますが、「ウィスキーは加水の度合いによって香りや風味が変わってくる」という雑学を知っておけば、気分に合わせた最高の飲み方が出来るようになります。

ウィスキーが健康に良い効果を与える

ウィスキーの雑学としてあまり知られていないのが、その健康効果です。
アルコール度数が高いので体に悪いのでは、と思われがちですが、実はウィスキーのような蒸留酒はカロリーも低く健康にも良いことが分かっています。健康を気にする女性には嬉しい雑学ですね。
具体的には、プリン体を抑制する力があるため通風の予防になります。また、ウィスキーに含まれるポリフェノールの一種「エラグ酸」には糖尿病の合併症を予防する効果があり、お茶やワインよりも強力と言われています。そして、何より嬉しいのが糖分が少ないため太りにくいこと、シミの原因を抑制する成分が含まれるため美白効果があること、さらには木樽で熟成させているため森林浴効果まで得られるのです。
これらの雑学を知っていれば、美味しく健康にウィスキーを楽しむことができます。