ウィスキー買取ナビ.net|顧客満足度が高い業者2016年版! TOP雑学 >ウィスキーのおつまみ

ウィスキー おつまみ

ヘルシー路線ならフルーツ

ウィスキーのおつまみとしてフルーツを挙げる理由は二つあります。まずは味に癖がないのでウィスキーの繊細な味を邪魔しないことです。ウィスキーの味を第一に堪能しつつ、空きっ腹にはしたくないという方にオススメです。
次に、消化が良く低カロリーな点です。お酒を飲むと太ると言われますが、それはお酒によって食欲のコントロールができなくなり、空腹でないのに食べることが主な原因です。しかしフルーツをおつまみにすれば低カロリーなので少々食べ過ぎても問題はありません。消化も良いので胃に残って戻す可能性も低く、おつまみとして最適です。

チーズを駆使する

ウィスキーのおつまみとしてチーズはよく合います。濃厚な味、そして口当たりがまろやかなのでウィスキーの味を邪魔しません。チーズをそのまま食べても十分おつまみになりますが、色々な食材とも好相性なので使い道は考え方次第で無限に広がります。
例えば、ホタルイカとチーズのオーブン焼き。これはホタルイカとカットしたチーズをそのままオーブンで焼くだけです。ホタルイカは小ぶりなので食べやすく、チーズが味をまろやかにするので美味です。また、トマトやアスパラガスなど野菜と共にチーズを焼いても合い、ウィスキーのおつまみとして機能します。

肉を食べるなら燻製で

肉類もウィスキーと合うのでおつまみに良いです。ただ、肉類とは言えど焼肉など濃い味になるとウィスキーの味が邪魔される危険性があるので燻製がオススメです。燻製であれば香ばしいにおいが染みつくので濃い味付けは必要なく純粋に肉の味を堪能できます。薄い味付けが結果的にウィスキーとの相性を良くし、食べごたえも得られるので一石二鳥です。
店で食べるのも良いですが、自宅で作っても生肉よりは日持ちするので便利です。単なるおつまみとして食べるのも良いですが、夕食を兼ねる意味合いで食べることも可能です。おつまみ
を夕食として応用できれば摂取カロリーも低くなります。