ウィスキー買取ナビ.net|顧客満足度が高い業者2016年版! TOP雑学 >ウィスキーの豆知識

ウィスキー 豆知識

ウィスキーの代表的な産地であるスコットランドとアイルランド

ウィスキー五大産地のうち、代表的な産地であるのがスコットランドとアイルランドです。ウィスキーの発祥の地であることは、知っておきたい豆知識です。
スコットランドで作られるものは、スモーキーフレーバーが強いのが特徴です。これは、製造過程で泥炭の独特な煙の香りが、原料となる麦芽につくためです。一方でアイルランドで作られるウィスキーの豆知識としては、製造の過程で泥炭を使わず熟成させる期間も短いため、軽く飲みやすい特徴がある点です。こうした豆知識を知っていると、スコッチウィスキーとアイリッシュウィスキーを選ぶ際の参考になります。

移民によりウィスキーの産地となったアメリカやカナダ

スコットランドやアイルランドで始められたウィスキー作りは、やがて移民と共に世界の各地へと伝えられます。その結果、アイルランド人が多く移民したアメリカが、五大産地の一つとして数えられるようになりました。
アメリカンウィスキーにまつわる豆知識は、原料として主にとうもろこしが使われている点です。そのため、とうもろこしならではの甘みや独特の香りを持ちます。また五大産地の豆知識として、アメリカと並びカナダも産地の一つです。ライ麦を原料として使うカナディアンウィスキーは、五大産地の中でもっとも軽い飲み味であるのが豆知識であり、ウィスキーが初めての人でも飲みやすいです。

ウィスキーの産地に加わった日本

ウィスキーは洋酒に分類されるお酒であるため、東洋とは関係がないように捉えられます。しかし世界の中で、ウィスキーの産地として高い評価を得ているのが日本です。日本でこのお酒は独自の発展をとげ、やがて日本は五大産地の一つとなりました。
日本のウィスキーの豆知識としては、初めて日本にもたらされたのが幕末のペリー来航であることです。また、その他の豆知識として、ジャパニーズウィスキーはスコッチウィスキーを基本としている事実があります。ただし、スモーキーフレーバーが強いスコッチタイプに対して、日本人に飲みやすいよう繊細な味に仕上げられているのは豆知識の一つです。