ウィスキー買取ナビ.net|顧客満足度が高い業者2016年版! TOP買取の流れ >買取の流れ

ウィスキーの買取の流れを理解しよう

自宅に飲まずにとってあるお酒が残っている場合、お酒の買取業者を利用して引き取ってもらうという方法があります。ウィスキーなどの洋酒は人気がありますし、現在需要が高まっており銘柄によってはかなりの高値で取引されています。 実際にお酒の買取を依頼する場合、買取業者の選び方がとても重要になってきますが、買取から査定、そして入金までの流れはどの業者も大きく違いはありません。 大まかな流れを説明すると、直接店舗に持ち込みをする場合は必要ないですが、出張や宅配を利用する場合は、ホームページや電話で買取してほしい旨を伝えて申し込みをします。 店舗持ち込みの場合はその場で査定が行われ、金額に納得したら買取が成立し、ほとんどの場合その場で現金支払いをしてくれることが多いです。 出張買取、宅配買取の場合も査定員が自宅に訪問、店舗にお酒を郵送するというプロセスはあるものの、基本的には同じで、査定終了後に金額に納得したらその場で現金支払い、もしくは振込という流れになります。 ウィスキーの場合は、比較的保存も簡単なお酒ですし、愛好家が多いので開封済み、目減り、落書きなどがない場合は、買取を拒否されることはまずないはずです。 外箱がなくても買取可能な業者が多いですし、上記のように手続きも簡単なので是非利用してみましょう。